お尻のにきび対策をする

subpage1

顔などににきびができるイメージもありますが、体のさまざまなところににきびはできます。


汗をかきやすいところなどは特に注意が必要です。


また、服などに隠れている部分であっても、にきびができることがあり、背中やお尻などにもできることがあります。
お尻などの場合も、比較的汗をかきやすく、服や下着などで肌の炎症している部分がこすれて、それが刺激となりにきびが悪化しやすいこともあります。


そのため、対策をして予防のため、また悪化などをさせないために、お尻を清潔な状態に保ちましょう。


汗をかいてしまうと、雑菌などが肌に繁殖しやすい傾向があります。

またお尻は蒸れやすいこともあり、雑菌が繁殖しやすいため、肌荒れなども比較的しやすいといわれています。

教えて!gooに関して最新情報を教えます。

気温が高い時期、また外出をしたり、スポーツなどで全身から汗をかいてしまったりすると、お尻も多量に汗がでてしまったり、蒸れている状態になりやすい傾向があります。汗をかいてしまった場合には、帰宅後すぐにお風呂で汗をしっかりと洗い流すようにしましょう。



肌をきれいにすることで、対策の一つになります。

また、お尻の肌をしっかりと肌ケアすることも大切です。

お風呂あがりには保湿のために化粧品などでしっかりとケアをするといいでしょう。
保湿をすることで肌が乾燥しにくくなり、肌荒れなどにもなりにくくなるため、これも肌荒れ対策やにきび対策につながります。

このにきびの特徴をご紹介する情報です。

また、下着などもお尻が蒸れにくいように、通気性のよいものを使用するのも対策の一つになるでしょう。